2ch 心理学板 キャラクター性格診断スレ のまとめWikiです。 アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出していくスレです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

まとめ

高須 竜児ISFJ
逢坂 大河ISFPINFP
櫛枝 実乃梨ENFJENFP
川嶋 亜美ENTJENTP
北村 祐作ENFPINTP

議論

516 返信:没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 22:50:27.84
>>514
そのキャライメージだと真っ先にとらドラ!の逢坂大河が出て来た
逢坂大河はINFPらしいけどな

518 ENTP(>>1)[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 23:28:55.19
>>516
大河はISFPで、あの性格は不健全時のFi-Tiループというやつだと思う
1人でいるときに、優勢機能である内向的感情が第3機能である内向的直観により増幅され
過剰に主観的で怒りっぽくなるというやつ

522 没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2016/11/19(土) 00:17:48.00
>>518
別に君が違うと言う訳ではなく海外でも大河はINFP(Fi-Ne-Si-Te)と診断されている
個人的にもINFPという診断だったので違和感はなかった
理由は簡単で典型的なFi-Neから入るタイプだしな
とらドラ!ははっきりとキャラの位置付けがされているぶんわかりやすい
竜児はISFJ(Si-Fe-Ti-Ne)
実乃梨はENFP(Ne-Fi-Te-Si)
祐作はINTP(Ti-Ne-Si-Fe)
亜美はENTP(Ne-Ti-Fe-Si)
知っていればこの関係性は非常にいいというか、理想的だと思うわ

525 没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2016/11/19(土) 00:44:17.24
とらドラ!やゴールデンタイムを書いている竹宮ゆゆこの作品は位置付けというか、与えられたポジションがはっきりしているため非常にわかりやすい
例えば加賀香子は典型的なENFJ(Ne-Te)で彼氏の多田万里はINFP
林田奈々がESFJで柳澤光央がISTPで佐藤隆哉(二次元くん)がISFJで岡千波がISFPで構成されている
意図的に単純で書きやすい構成にしてるんだと思う

526 没個性化されたレス↓[sage] 投稿日:2016/11/19(土) 01:16:48.02
>>523
作品を全部みてキャラを把握していれば大河のNe部分は簡単にわかる
思いっきり直感で行動してるから。初めから最後まで
MBTIを全て理解する必要はないかな
とらドラ!は抽象的なイメージでキャラの特性が分かるようになっている
そのぶん、誰が診断しても同じ結果になりやすい
分かりにくいのはキャラ設定にこだわり過ぎて色々と混同して作中でも何をしたかったのか分からないキャラ
SAOで例えるとヒースクリフ(茅場晶彦)とか
最近のアニメは原作(主にラノベ)を知らないと本気で着いていけないぐらい視聴者ほったらかしが多い傾向

高須竜児(Ryuuji Takasu)

診断

タイプ:ISFJ

議論

あまり社交的ではなく、他人から自分がどう思われているかはあまり気にしない性格→I型
外向機能はFe優勢(保護者気質)
また、実直で料理が得意など、S>N

参考

「とらドラ!」『Wikipedia日本語版』より
2016年11月14日 (月) 15:59 UTC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%89%E...
  • 父親ゆずりの目つきの怖さと三白眼から不良やヤンキーと勘違いされがちで、コンプレックスとなっているが、実際は温厚で面倒見が良く、かつ真面目で几帳面な性格、成績優秀・品行方正(?)を地で行く優等生で、めったに怒ることはない。
  • 家事は万能で、食事はほとんど竜児が作っており、裁縫・掃除なども得意。特に掃除に関しては、遊びそっちのけで掃除に没頭するほど好きで、またささいな汚れをも見逃さない嗜好性の掃除マニアで、いつも自作の「高須棒[1]」という掃除グッズを持ち歩いている。

逢坂 大河(Taiga Aisaka)

診断

タイプ:ISFP(人前ではISTP?)

議論

二面性のあるキャラだが、親しい人に見せる恥ずかしがり屋で繊細な性格を基準に考える。
衝動的で攻撃的になるのは、劣勢機能であるTeの弱さからと思われる。
 ※内向的感情(Fi)の強いタイプは「ツンデレ」になりやすいらしい

参考

「とらドラ!」『Wikipedia日本語版』より
2016年11月14日 (月) 15:59 UTC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%89%E...
  • 性格が悪くて残忍。小柄な体格(身長・公称145cm、実測143.6cm)とふんわりとした長い髪で「人形のよう」とも評され、一時は多くの男子生徒から告白されたほどのルックスだが、実際は大変な凶暴さで恐れられている。血液型はA型[8]。
  • その性格と一風変わった名前、小柄な体格から「手乗りタイガー」のあだ名を持つが、本人は変わった名前と体格に劣等感を抱いている。本来の性格は泣き虫で、かなりのドジっ娘。またその性格や境遇もあいまって悲観的になることが多く、反面他人への思いやりも人一倍強い。中学時代は私学のお嬢様校に通っていた。常に木刀を持ち歩いている。辛い物が苦手。
  • その性格上友人は少ないが、実乃梨とは1年生の頃から非常に仲が良く、動物のように甘える。竜児と親交の深い北村祐作に好意を抱いているが、本人を前にすると極度に緊張し、言動・挙動がおかしくなる上ドジが災いして上手くいかなかった。竜児とは自分のドジがきっかけで竜児の恋愛事情を知り、お互いの恋愛成就のために協力し合うことになる。二人で行動するうちに竜児に対して特別な感情を抱くようになり、それが裏目に出て竜児に依存しきっている事に気付く。一旦は自分が自立するため、そして実乃梨の幸せのために竜児の事を諦めようとするが、全ての真意を知った実乃梨から「自分の幸せは自分の手で掴み取る」と言われ、現実を直視できなくなりその場から逃げ出してしまう。後を追ってきた竜児から告白、「自分が18になったら俺の嫁になれ」と言われ、また、自分が望むものは壊れていくというジンクスを覆すため竜児との駆け落ちを決意する。

櫛枝 実乃梨(Minori Kushieda)

診断

タイプ:ENFJ

議論

一言で言えば、自分の気持ちと他人の応援との間で苦悩する理想主義者である。
ENFPと迷ったが、人間関係を重視しようとするところからFe優位と判断。
また、自分の価値観への拘りが強く、他者にも押しつけようとする面があるためJ型と判断。

参考

「とらドラ!」『Wikipedia日本語版』より
2016年11月14日 (月) 15:59 UTC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%89%E...
  • 運動神経が良く、体力や持久力も高い。笑顔がまぶしい明朗快活言語不明瞭な少女だが、超がつくほどのマイペースな性格。しばしば口調が急に変わり、会話の端々にさまざまなしょうもないネタを混ぜ込む癖がある。
  • 多くのアルバイトを掛け持ちしており、日常のほとんどを部活とアルバイトに費やしている。幼い頃から野球をしており、進学後もソフトボールを続けることを望んでいる。
  • 大河とは親友。祐作とは部活関係から仲が良い。竜児とは2年生になるまでほとんど話したこともなかったが、ある時を境に好意を寄せることになるが、大河のことを気遣うあまりに持ち前の明るさで自分の気持ちをごまかしてしまうことが多くなり、その煮え切らない態度が一時的に亜美との不和を生むことになってしまう。

川嶋 亜美(Ami Kawashima)

診断

タイプ:ENTJ(人前ではESFP?)

議論

二面性があるキャラだが、北村曰く「横暴なお姫様」という評価を基礎に考える。
ESTJと迷ったが、立場的に全体の人間関係を俯瞰して、各キャラに助言や皮肉を告げているシーンが多いことから、Ni優位と判断した。

参考

「とらドラ!」『Wikipedia日本語版』より
2016年11月14日 (月) 15:59 UTC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%89%E...
  • 誰にでも驕(おご)らない性格を装っているが、実際には自分の全てを鼻に掛ける高慢さと強烈な毒舌の持ち主。しかしながら、自ら演出する本性を隠した仮面の性格で、大多数の同校男子生徒たちに好意を持たれている。
  • 祐作とは幼馴染み。大河とは犬猿の仲(物語が進むにつれ、徐々に接近していく)で、誰にでも尻尾を振るチワワに譬えて「ばかちー」(バカチワワの略)と大河から呼ばれている。また竜児には甘ったるい言動でしゃべりかけることが多いが、一方で彼女独特の恋愛的見解の本音を、端的ではあるが漏らすこともしばしば。

北村 祐作(Yusaku Kitamura)

診断

タイプ:ENFP

議論

あまり社交的ではなく、他人から自分がどう思われているかはあまり気にしない性格→I型
外向機能はFe優勢(保護者気質)
また、実直で料理が得意など、S>N

参考

「とらドラ!」『Wikipedia日本語版』より
2016年11月14日 (月) 15:59 UTC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%89%E...
  • 眼鏡を掛けた容姿にきわめて真面目な生活態度、清々しい容姿ながらもちょっとズレた言動などが『ちびまる子ちゃん』の丸尾君にそっくりなことから、クラスの女子からは「まるお」とあだ名され、親しまれている。運動能力は高く、性格はやや楽観的。作中、人前で裸になる描写がたびたびあり、一部の男子からは裸族扱いされている。
「北村祐作」『ピクシブ百科事典』より
http://dic.pixiv.net/a/%E5%8C%97%E6%9D%91%E7%A5%90...
  • 見かけは如何にも優等生だが、公私の使い分けはキッチリこなすにせよ、中身はかなり熱血でアグレッシブ。大人しそうに見えてかなりの行動力を持っており、この辺り“ガラが悪そうに見えて実は大人しい優等生”な竜児とは、良い意味でも悪い意味でも対照的。
  • テンションが上がり過ぎて、警察の御厄介になりそうな所業をやらかしたことも、一度ばかりではない。大変愉快な青年だが、青臭いながらに常に信念をもって自分の道を突き進んでいる。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます