2ch 心理学板 キャラクター性格診断スレ のまとめWikiです。 アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出していくスレです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

まとめ

涼宮 ハルヒENTJ
キョンINFP
古泉 一樹INTJ
朝比奈 みくるINFJ
長門 有希ISTJ

涼宮ハルヒ(Haruhi Suzumiya)

診断

タイプ:ENTJ
心理傾向軸:E(外向)N(感覚)T(思考)J(規範)
心理機能:Te(外向的思考)Ni(内向的直観)Se(外向的感覚)Fi(内向的感情)

議論

他人があっと驚くような発想をし続ける 地頭も良く機知に富んでおり、問題に対してすぐに効率的な解を出せる→NT
組織を創設し活動させる。声と顔がうるさい。→E
管轄する組織を大切にし規範を作ることで統制しようとする→J
自分が創設した組織ではルールをかなり重視するが、
自分にとって受け入れられないルールを持つ組織には全く従う気がない→NT+J

ハルヒはストレスに直面した時表ではEらしいストレス反応を示しながら、
潜在意識下ではため込んだストレスを内へ内へ向かわせて解消させる側面も持つ ここにI的要素が見えるが
その解消にも古泉ら他者を無意識的に駆り出しているので、やはりEと結論付けて間違いはないだろう

またこのタイプは内向感情と外交感覚が劣勢である。高校入学三年前から一年次中盤にかけてハルヒは精神的に不安定であり常時強いストレスを抱えていたという描写があるので
劣勢Fiの暴走と考えておかしいところはない。
ただ外交感覚の劣勢について、ちょっと説明がつけ難い。ハルヒはむしろわざわざ特筆されているほど身体的に器用である。
スポーツをやらせたらどの部活でもエース並みの活躍をするとか料理がかなり上手いとか書かれている
料理上手の因子は主にSiかもしれないが、球技なんかはバリバリSe必須ではないかと思う。ここのみが疑問である

参考

キョン(Kyon)

診断

タイプ:INFP
心理傾向軸:I(内向)N(直観)F(感情)P(柔軟)
心理機能:Fi(内向的感情)Ne(外向的直観)Si(内向的直観)Te(外向的思考)

議論

ルールに頓着しない、ただし事なかれ主義的側面から概ね守りはする→P
本質的に理想主義者である(消失終盤参照、それ以外にも理想主義気質を示唆する記述は語りの端々にみられる)→NF
外面的に穏やかな方であるのに対し内面はうるさいほど饒舌→Fi
発想の移動が散文的である→Ne 
またキョンの語りでは比喩表現が頻出するが、その言葉の選び方もきわめて直観的
当意即妙であるが問題の対象とまったく関係のないものを持ち出してくるためSがこれをポンポン思いつくとは考えにくい→N

キョンは現実をある程度受け入れてのらりくらりとそれなりに生きられれば十分だというような一種自分の特性を殺したスタンスを持っている(憂鬱〜消失まで)
対してリアルのINFPを見てみるとわりとまだ、いわゆる地に足の着いた夢のない話と戦っているような人が多いように思われる
まあ2ちゃんに流れ着くのがそういう人ばかりであるだけかもしれないが
また、このタイプの劣勢機能はTeとSiである。
事実キョンは人の力関係を細かく見極めることもコントロールすることも(Te)うまくないし(そういう能力のある古泉に対して嫌味を言う、つまり僻む描写も多数)
ものの質感や味などに事細かな「五感で感じたままの描写」(Si)をすることは一切なく、お得意の当意即妙な比喩をもってくる
むしろ人の言動や仕草に対しての主観的な意見に字数を割いていることが非常に多い(Fi)

参考

古泉一樹(Itsuki Koizumi)

診断

タイプ:INTJ
心理傾向軸:I(内向)N(直観)T(思考)J(規範)
心理機能:Ni(内向的直観)Te(外向的思考)Fi(内向的感情)Se(外向的感覚)

議論

物事の説明の仕方が秩序立っている→T
1を聞いて10を導き出すタイプの頭の良さ、明敏さ→Ni+T つまりNTJ
(例・キョンからの又聞きと組織からのそう多くないだろう情報のみで朝比奈さん(大)の目的を概ね言い当てる
というか朝比奈さん(大)から「あなたにはひとつのキーワードでも話すとそれを使って多くの機密を導き出してしまうから
私たちの組織で最重要注意人物に指定されているの」とか言われている・驚愕参照)
キョンに対する人格的な面での羨望(憂鬱など その他の作品でもしょっちゅう口にしている)→第三機能がFi

判断の難しいキャラクター。推定の過程は上の通りではなく、正直消去法によるところも大きい
Ne優性とNi劣性は無いと断言していい。消去法でP型8個が消える。
残ったJ型8個のうち、Tが劣勢位置であることも考えにくい。TJの4つが残る。
ここで古泉→キョンへの羨望の描写を持ち出してみる。立場的に羨ましいのも大きいだろうがそれはいい
第三機能Fiを持つのはINTJとISTJ この二つは第一機能が異なり、それぞれNiとSiである
古泉に関して五感を使った感覚の鋭さがどうとかいう推察をするには情報が少なすぎるが、
逆にNiはどうかというとバリバリ使っている よってINTJ

なおINTJはキレのある思考をする反面、他者に意見陳述するとき秩序立てて説明することが難しいとされている
反対に古泉はわりと秩序立った説明をする 他者への秩序立った説明が主にどの機能を使っているかわからないが、
古泉の場合は必要に駆られて身に着けたスキルということにしておく 少し疑問の残るところではある

参考

朝比奈 みくる(Mikuru Asahina)

診断

タイプ:INTJ
心理傾向軸:I(内向)N(直観)F(感情)J(規範)
心理機能:Ni(内向的直観)Fe(外向的感情)Ti(内向的思考)Se(外向的感覚)

議論

集団の中ではエネルギーを外に向けづらい(とくに場に外向性の強い他者がいるとき)→I
それでも真っ先に集団の調和を重視しようとする→Fe I型であるため第二機能がFe
残るのはISFJとINFJだが、大量のデータを前にしてミスなく扱うSi的なことが得意とは言えず(射手座の日など)
むしろ内省的な時、キョンと二人きりの時にわずかに見せるもろもろの問題への推察(Ni)が
キョンを驚かせている(陰謀など)→INFJ

SOS団で活動しているときの彼女はあまり頭が良くない風に描かれているきらいがある。
NTのハルヒ古泉やプログラム的処理の面でチートの長門がいるので相対的にそういう立ち位置になるのは仕方がないと言えば仕方がない
I型を外側から見たとき、すぐに表面に出る第二機能が目立つので第一機能を推し量ることは少し難しい(古泉のように対抗組織に名指しで警戒されるレベルで直観力が光る場合は例外だったが)
INFJは最も強い機能が内向的直観であるものの内向ゆえぽんぽんと表に表現できない。まして第二機能がFeであり
場の調和を優先しようという気持ちが働いているはずなので、他に切れ者のいる状況でわざわざ出しゃばろうという発想は起きないのかもしれない

またINFJはI型の中では行動的なのではと思っていたのだが
朝比奈さんに関する描写で能動的だった箇所は思い浮かばない
むしろ本人がそれを自己嫌悪している描写はある

参考

長門有希(Yuki Nagato)

診断

タイプ:ISTJ
心理傾向軸:I(内向)S(感覚)T(感情)J(規範)
心理機能:Si(内向的感覚)Te(外向的思考)Fi(内向的感情)Ne(外向的直観)

議論

精神の出自がきわめて複雑なので判断不能としたいところだが
人間の類型論を当てはめていいと仮定してMBTIの視点から見るならISTJ
(高次の精神性が芽生えている示唆はいくつかある)

発言を求められたときと自分から他者への情報提供が必要な時以外に口を開くことがほとんどない→Eではない
「こうありたい自分」がきわめてFi的である(消失)→Fiが第三機能である
以上の条件の下に残るのはINTJとISTJであり、問題を処理するときに使う機能がSiであるかNiであるか
長門は深層心理からのひらめきではなく具体的なデータを元にタスクを処理するのでSi

長門にMBTIを当てはめることに正当性があるのか疑問である

参考

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます