キャラクター性格診断スレまとめ Wiki - J(判断的態度)かP(知覚的態度)か
J(判断的態度)かP(知覚的態度)かは、外界への接し方の違いを表しています。

PとJは、自分の外の世界に対して、情報を得る(ものを見る)ために使う機能と、判断するために使う機能のどちらがよく使われるかを表すものです。

たとえば、「ENTP」の人は、情報収集についてはN(直観型)であり、判断のしかたについてはT(思考型)です。
また、P(知覚的態度)であるため、論理的に判断をするよりも直観を使って情報を得ることを重視するということになります。
一方、内省する時は、論理的に判断する機能がよく用いられます。

J(判断的態度)を志向する人は、外界の物事について決着を付けたい(判断したい)という衝動を持っています。
そのため、計画的に余裕をもって仕事などを進めることに満足します。
そして、ものごとを曖昧なまま放置したり、土壇場で計画を変更することに抵抗を感じます。

一方、P(知覚的態度)を志向する人は、外界の新しい情報をできるだけ取り入れたいという衝動を持っています。
また、計画は出来るだけたてず、ものごとの流れに対して柔軟でありたいと考えています。
「今手持ちの情報で判断してしまうと、後で状況が変わったときに対応できないのではないか?」と考えるからです。

以下、JかPかを見分けるための項目をいくつか挙げてみましたので参考にしてください。
引用元:MBTI日本版標準化の試み, 加茂ら
http://ci.nii.ac.jp/naid/11001878732
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008124605
J(判断的態度)P(知覚的態度)
ある程度でも念のため計画を立ててからやるのが好き仕事を始めながら必要なことを見つけるのが好き
仕事をするときなすべき事や順序をなるべく先に頭に入れておく方が好きあれこれ考えずとにかくとりかかりながら適宜微調整していく方が好き
旅行に行くとき前々からそれなりに計画を立てるそのときに応じてやりたいようにやる
仕事は締め切りの前から計画的にやる締め切りが差し迫ってから一気にやる
計画通り進むのが嬉しい予期しなかったことが起こるのが面白い
予定が決まっていると安心するむしろ束縛されて嫌だ
最低限のアウトラインは欲しい(細かく決まってるなら尚良い)ざっくりとしたアウトライン程度あれば必要十分(それ以上細かく決まってるのは嫌)
いつも決まった仕事をするのが楽決まった仕事をするのはうんざりする
すべきことは忘れないようメモするすべきことを忘れていても何とかなると思う
メモの使い道を決めておいて取るとりあえず後から何かしら役立てば良いかなとメモを取る
後で見直しても分かるぐらい内容は正確(メモは適当でも後から清書などする)後で見直すと分からないぐらい内容が雑(後から清書も基本的にしない)
するべき仕事はあらかじめ決まっていると助かるする方が良い仕事をその都度考えるのが楽しい
後から修正していく後から積み重ねていく
好んだやり方を変えるのは好きでない決まったやり方に従うのは好きでない
結論を出すことや決着をつけることを好む結論に変更の余地を残しておくことを好む
(全体的に)行動のリズムに乱れを出したくない(全体的に)行動のリズムに多少の乱れは付き物だと思う
干渉放任
計画無計画
待ち合わせ時間は◯時など限定して欲しい待ち合わせ時間は朝イチ、昼過ぎなどアバウトが良い
決断気分
永久変化