アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

まとめ

犀川 創平INTJ
西之園 萌絵ESTPENFP
真賀田 四季INTJ
喜多 北斗ENTP
国枝 桃子ISTJ
儀同 世津子ENFP
西之園 捷輔(叔父様)INTJ
佐々木 睦子(叔母様)ESTJ
諏訪野INFJ

西之園 萌絵

診断 ESTP / ENFP

ESTP

タグ

このページへのコメント

追記
犀川先生の思考形態については、Se-NというよりNe-Sかもしれない。
また、過去にこだわらないというのは萌絵と比較してであって、Ni優勢タイプほど極端にこだわらないわけではなさそうにも思える。
『すべてがFになる』においてかれの行動原理は興味関心であって、そういった傾向から考えるとNe-Sと考えたほうが良さそうかもしれない。

また、ランダム的だとか指向的だとかが、このタイプ類型論においてどの程度対応しているのか...というのをある程度きちんと定義しておかなければ、多少なりとも確証のあるようなことは言えないだろう。

そういった確証や証拠について、先に正解を決めて、そのあと後付けで証拠になるようなものを見つける...というような態度がNiだと思うが、犀川先生はどうだろう...
あくまでこのタイプ類型論においてはNeもしくはSe的(つまり知覚機能が外向きのP型)ではないか?

また、INTPもISTPほどではないがそれほどおしゃべりではないはずだが、それ以上にINTJはおしゃべりではないはず...(これは四季にも言えることだが...)

犀川先生はわりとおしゃべりだし、そもそも教官っていうのはよくしゃべる仕事だ... かれが向いてないと心底思うのは会議などでの非効率さや不合理さである。しかしながら、「では自分がトップに立って...」みたいな発想にならないあたりもまたTeっぽくないと思えるところ。

0
Posted by 名無し(ID:oP/GXlpUKw) 2021年01月30日(土) 18:30:10 返信

四季博士はINFJだと思う。(もしそうしていたならば)知能の過多だけでタイプを判断してはいけない。
早熟傾向などはまさしくNiっぽい。外向タイプでもなさそう。つまりIN*Jっぽくはある。

その上、
・感情表現やそれによって人を操ることに長けている(『四季 夏』などで顕著)わりに自身の感情や身体の存在に無頓着および無関心。ゆえに彼女のまわりの人間は彼女に崇拝に近い感情をもっていたりする。INTJならばどうしても嫌われやすくなるのではないか
・孤独に弱いが一人になりたがる傾向がある。おそらく、それが別人格というかたちであらわれているのかと思う。
四季博士というか、森博嗣作品全般がそんな感じなんだが、かれらの別人格などを生み出す想像力はTi-Feの共同っぽく思える
・彼女の目的はTe-FiよりFe-Ti的に思える。「人間が好き」みたいなことを言っていたはず
・『すべてがFになる』冒頭などにおける「心なんてありません」みたいな発言は、人間一般の性質についての本質をついた発言(Ti-Fe的な)ものである。ここでもそうなのだが、彼女はFe的なカリスマによる人心のコントロールに長けているのであって、Te的な権力を駆使したものではないように思える


犀川先生についてはINTJではなさそうに思える。
たとえば典型的なINTJってルールを重視するわりに自分はルールをやぶったりするらしいが、犀川先生の時間にかんする考え方などはその反対だ。

四季博士がINFJであるならば
「似ている」のはISTPとINTPか...
指向的である点に立脚すればISTP
心理機能の向きなどに立脚すればINTP

ところで、Se-Niは過去にこだわらないが、Ne-Siは過去にこだわる傾向があるらしい。『四季 冬(秋だたかも)』などにおいて、萌絵が犀川先生(の過去を)知りたがるのに対して、そういったことにそれほど関心を向けない(語らない/教えてくれない)のが犀川先生...というような対比が提示されていたように思う。

そのあたりも考慮すると、犀川先生はSe-NiのISTPかもしれない。

また、犀川先生をNi優勢とするのには疑問があって、それは犀川先生の思考の速度が「遅い」とされていることと、かれはけっこう歩きまわって状況などを見てまわることで現実的な思考を組み立てて結論にたどり着く...というような感じであること...
たしかにNiとSeをつかってるように思えなくもないのだが、もしそうだとしても、かれの興味関心などから考えてもSe-Niとしてもそれほど違和感がないとも思う。

もっとも、作品全体にINTPっぽい雰囲気があるような気もするところではある...


萌絵に関しては、彼女が、過去および犀川先生と結婚して安定を得たあとにおいてそれほど外向的とは言えない(過去においてはあきらかに内向的だった)点や、そもそも作中全般における彼女は両親を失ったトラウマから回復するために過活動気味であった点を無視してはいけないと思う。

その上で、「世間知らずのお嬢様」というのがまず、Si優勢らしいと考える。というのも、真に興味関心にあふれる人間であれば、お嬢様であっても世間のことを知ろうとするわけで、世間知らずにはならない...
萌絵がわりと典型的な「世間知らずのお嬢様」であることはとくに疑問なく同意してもらえると思う。

また、思考や計算処理の素早さというのは、Ti「ではない」はず。これはSiの機能ではないか。また、萌絵は記憶力にも長けている描写があるね。(納得できないなら「Tiとはどういうことか」も説明できるが...)
Teであれば「思考や計算自体というより、そういった情報を利用する」のが速いという感じになるだろうか...(要するに「電卓を叩く」ことで、計算処理によってなにかを成し遂げることにおいて、Te優勢タイプが萌絵に勝つ可能性は充分に考えられるということ)

Fe傾向についてはそれほど疑問には思わない。萌絵がFe的反応をにがてとするという意見があるみたいだが、彼女は単に世間一般におけるFe的な反応を知らないだけであって、いわゆるお嬢様のFe的な反応には習熟している点に注目してほしい。そういった傾向もまた、彼女がSi-Feであることを表していると思う。

つまり、
Si-FeおよびFe-Siが優先および補助...
ISFJもしくはESFJであると考える。
個人的には、幼少時の萌絵が非常に内向的であったことと、両親の死に対して立ち直るまで「ひとりでいること」を必要としていた点から、ISFJである可能性が高いと考える。

※I*FJタイプは内向タイプでありながら、一時的であれば外向タイプのようにふるまうことが可能である点も考慮してほしい。

まとめると...
四季博士 INFJ
犀川先生 ISTP or INTP
萌絵 ISFJ
であると予想する。

0
Posted by 名無し(ID:oP/GXlpUKw) 2021年01月30日(土) 17:54:48 返信

犀川と四季は同じ INTJがベターでしょう。二人は、(萌と異なり) ランダム的より指向的という四季からの描写もあり、Pより (N)Jとするのが良いと思います。
一方、喜多と萌は Pじゃないかな。犀川からの自分と対比的な乱雑さ
(/秩序)に関する描写があった気がする。そして二人は Sより Nでしょう。

後、作者さんが星座占い好きらしいので、なんかそういう型にはまって作られている & 描写されていると思われる。

0
Posted by 名無し(ID:epZk9Hd8vA) 2019年09月14日(土) 22:16:45 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます

閉じる
自己啓発や人生相談、個人診断に関するコメントについて
当wikiの趣旨から離れているためご遠慮下さい
下記の掲示板や5chの自己啓発板等でお願いします
https://seesaawiki.jp/character-seikaku-memo/bbs/38532/l50