アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

少なくともエニアグラムとBig5については、MBTIとの相関を示した文献が散見される。

エニアグラムとMBTIとの関係

MBTIとエニアグラムが必ずしも1対1の関係ではなく、また、MBTIのタイプが同じだからと言って、必ずしも同じような性格でないことがわかる。

しかし、エニアグラムについては、MBTIとある程度の相関があることがデータにより示されている。

特に、外向E/内向Iと規範J/知覚Pの判別に有用
ただし、感覚S/直観Nの区別にはほとんど使えない?

参考:http://www.typologycentral.com
上記交流サイトで作成された、推測に基づくMBTIとエニアグラムタイプの関係


上記交流サイトの投稿者の統計データに基づくMBTIとエニアグラムの関係

本能タイプとMBTIとの関係


S/N、J/Pの区別に有用

・自己保存型(Sp)
自分とその周りの狭い人間関係優先で、マイペースでしっかりもの
健康や安全を最も重要視し、食べること、寝ることが大好き

・セクシャル型(Sx)
他者との一対一の関係優先で、ウェットで情熱的
人との親密なつながりや刺激的な体験を求める

・ソーシャル型(So)
集団との関係優先で、人当たりがよく規律正しい
集団への帰属、集団との調和、他人からの承認を重要視する

「優位機能/補助機能」の形で表記する
書かれていない機能は盲点と呼ばれ、その人の弱点を表す
たとえば「Sp/Sx」だと、自己保存>セクシャル>ソーシャル

参考:http://www.typologycentral.com
上記交流サイトで作成された、推測に基づくMBTIと本能タイプの関係


参考:http://www.projectevolove.com/forums/topic/93/proj...
上記交流サイトで投稿された、統計データに基づくMBTIと本能タイプの関係

Big5とMBTIとの関連

Big5については、MBTIとある程度の相関があることがデータにより示されている。
EはIに比べて外向性が高い
NはSに比べて開放性が高い
FはTに比べて協調性が高い
JはPに比べて誠実性が高く、開放性が低い

このページへのコメント

MBTIは生涯変わらないタイプを測っているものとなります。
エニアグラムは幼少期の人生経験によって形成されるとされている「囚われ」によって性格が形成されています。

したがって、MBTIが先天的なものであるのに対し、エニアグラムは後天的なものです。
これら2つの診断に相関が存在するのはおかしいとは考えられますが、それには大きく分けて2つの理由があると考えます。


1.MBTIは完全なる診断ツールとは言い難い
MBTIは現状、アンケート用紙にチェックを付け、「診断スキルを持った人」と共に判定タイプに対して自分の持つフィット感を鑑みながらタイプを確定させていくものですが、この作業は「自分が自分の事をどう思っているのか」を測っているに過ぎません。
「気分によってタイプが変わってしまう事がある」と批判されているのはそういうところからであるのです。
エニアグラムに関しても「自分で自分の事をどう思っているか」を考えているに過ぎないために、MBTIとエニアグラムには相関関係があるように見えるようなデータが作成可能な状況となっています。

2.社会学的な「個人と周囲との精神的な力学」が要因
これはMBTIとエニアグラムが完全な診断であると仮定した場合に考えられる理由です。
MBTIによると、幼児期は良くても主機能までしか上手く扱う事が出来ないとされています。
それによって起こる弊害というものは、主機能が何になるかで大きく変わってきます。
また、MBTIはタイプごとに割合が違うために、少数派と多数派で、どのように周囲と関わる事が出来るかが大きく変わってきます。
それらのために、主機能が何になるかによってはある特定のエニアタイプの「囚われ」を持ちやすくもなると考察する事ができます。

簡単に例を挙げるのなら、「大部分の人間はF機能が優位なため、Tiを主機能に持つタイプであるIxTPは不遇な扱いを受ける事が多く、Teを主機能にもつExTJは軋轢を生みやすい。そのために、IxTPはタイプ5の「囚われ」である「空虚さ」を持ち、ExTJはタイプ3の「囚われ」である「失敗を避けたい」や、タイプ8の「囚われ」である「弱みを見せなくない」を持ちやすいと考えられる



個人的には理由1の方が正しいのではと思います。
理由2であれば考察の幅が広がって楽しいのですが、「MBTIやエニアグラムが診断ツールとして完全である」という過程に基づいたものなので机上の空論でしかありません。

1
Posted by  healthy_shit healthy_shit 2019年11月17日(日) 01:40:16 返信数(4) 返信

「2つの理由」とか言ってみたけど、「2通りの理由」って言った方が語弊無く伝わるかな

1
Posted by  healthy_shit healthy_shit 2019年11月17日(日) 01:41:39

理由1ならば、キャラクター性格診断において、「エニアグラムとMBTIの関連性」は全く関係の無いものとなります。

0
Posted by  healthy_shit healthy_shit 2019年11月17日(日) 06:55:07

診断が自己認知によるものである事によって「相関があるように見えてしまって」いるわけですから、キャラクターの判定をする上ではそのような相関関係は有り得ないと考えられますからね。

1
Posted by  healthy_shit healthy_shit 2019年11月17日(日) 10:02:33

というわけで、、この記事が「キャクター性格診断まとめスレwikiの記事として妥当であるかどうかが怪しくなってくるわけですが…
まぁエニアグラムとMBTIの関係性が無いことを周知するために使うのならばあるいは。

1
Posted by  healthy_shit healthy_shit 2019年11月17日(日) 12:32:46

上記交流サイトの投稿者の統計データに基づくMBTIとエニアグラムの関係
↑の画像、16タイプから見て総計100%になっていない様だけど見方が間違っているのでしょうか??

1
Posted by 名無し(ID:YN3KMKMX6A) 2018年02月18日(日) 20:11:47 返信数(1) 返信

元の統計データではunknownが各タイプ数%いるのに省略されてる
画像の変更をお願いします

0
Posted by 名無し(ID:mAJtIVxVWA) 2019年08月17日(土) 12:37:56

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます