アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

まとめ

水先案内人(ウンディーネ)

ARIAカンパニー
水無 灯里ENFPINFP
アリシア・フローレンスESFPENFJ
アリア・ポコテン(アリア社長)ENFP
天地 秋乃(グランマ)ISTPINFJ
アニメオリジナル社員
アンナESFP
愛野アイ(アイちゃん)ENFP
姫屋
藍華・S・グランチェスタESFJESTJ
晃・E・フェラーリENTJ
ヒメ・M・グランチェスタ(ヒメ社長)ISTP
あゆみ・K・ジャスミン(トラゲット三人組)ESFP
アニメオリジナル社員
あずさ・B・マクラーレンESTJ
オレンジぷらねっと
アリス・キャロルINTP
アテナ・グローリィISFP
まぁ君(まぁ社長)ESTP
アトラ・モンテヴェルディ(トラゲット三人組)ISFJ
夢野杏(トラゲット三人組)INFP
アニメオリジナル社員
アーニャ・ドストエフスカヤINFP

火炎之番人(サラマンダー)

出雲暁ESTJ

地重管理人(ノーム)

アルバート・ピット(アルくん)INTP
アパじいさんISTP

風追配達人(シルフ)

綾小路宇土51世(ウッディー)ENFJ
アニメオリジナル社員
アレッタ・パーチェESTP

その他

猫妖精(ケット・シー)INFJ
庵野波平(郵便屋のおじさん)ISFJ
出雲新太(暁の兄)ESTP
暁の母親ESFJ
アントニオ・コルレオーネ(カフェ・フロリアン支配人)ENFJ
J・J・アントン(ガラス職人の青年)ISTJ
タグ

このページへのコメント

しつこいようで申し訳ないが、アリスちゃんってINTPじゃないかとやはり思う。

一番わかりやすい例として、劣等機能について比較してみる。

INTPの劣等機能はFe。
他人の感情に配慮したり、他人と同調するのが苦手。その一方で、他人と仲良くできないことにコンプレックスを持っていたり、いざ他人と仲良くなれると嬉しくなったりする。
なぜなら、当Wikiの「心理機能の順列」にある第四機能の説明によれば、「この心理機能の働きに微かな羨望を感じることもあります。 自分の不得意なものを欲する気持ちからです」とあるから。

で、アリスちゃんの場合。

朱里や藍華と初めて出会った時に生意気な言動をしたり(原作「春一番」より)同僚となかなか打ち解けられなくてアテナさんに心配されていたり(原作「鏡」より)、他人との接し方が不器用。
一方で、アテナさんから「私はアリスちゃんの味方気取りなの」と言われた時に嬉しそうな顔をしている(原作「自分ルール」より)。
他にもアテナさんから「笑ってごらん。そうしたらアリスちゃんの前にいる人もきっと笑い返してくれるわ」と励まされ、その後まあ社長とのやりとりを経て「私もちょっとだけがんばってみようかな」と独り勝ち、社内パーティへの参加を決意している(原作「鏡」)。
この「鏡」という物語は、劣等機能の克服をテーマとした話と解釈することもできる。

一方、INTJだが、あまり他人と馴れ合ったり、自分から他人と仲良くしようと努力する傾向は少なくなる。
なぜならINTJのFeは第七機能に位置しているから。
当Wikiには第七機能についての説明がないので、別のサイト(ナルメカ(ナルキンのそうなるメカニズム) -NaruMECHANISM-)の説明文を引用する。
「この心理機能の働きを信用もせず、注意を払う価値もないと思い込む傾向があります」とある。
したがってINTJは他人の気持ちを軽視したり、他人と無理してまで仲良くしようとはしない。
創作世界におけるINTJにもこの傾向はあって、例えば銀河英雄伝説のオーベルシュタインは、「嫌われるのは構わんが」と言って他人と無理に仲良くしようとはしない。
他にも「かぐや様は告らせたい」のヒロイン四宮かぐやは、過去の回想で「私は馴れ合いを良しとしません一人にしてもらえますか?」と言っており「原作第8話「かぐや様は当てられたい」より)、やはり他人との交流を重視していない。

つまり、もしアリスちゃんがINTJだとすると、他人と仲良くするために努力したりするのは、INTJの傾向と合わない。

したがってアリスちゃんのFeは、第七機能ではなく、劣等機能(第四機能)に位置していると考えられる。


なお、INTJの劣等機能はSeだが、アリスちゃんはSeは劣等機能ではなく、第七機能に位置すると考えられる(INTPはSeが第七機能)。

Seが劣等機能に来ると、外界の変化や反応に鈍くなってしまう。そのため臨機応変さに欠けたり、予想外の事態に素早く対処することが難しかったりする。
四宮かぐやは主人公が予想外の行動に出た時は動揺しまくりでポンコツになっていたりしている。
また、Seが劣等だとファッションにあまり関心がいかなかったりする(自分の外見に対する周囲の反応を良くしようと努力することが苦手だから)。
この傾向は四宮かぐやがわかりやすい。
使用人の早坂愛から「かぐや様は堅すぎます」と苦言を呈されている(原作25話「かぐや様は気づかれたい」より)。一方で、同じ25話の中で、四宮かぐやはネイルを爪に施してみて、主人公からの反応を引き出そうと努力する話が展開されている。
これも第四機能を克服しようと努力する物語だと考えれば辻褄が合う。

で、アリスちゃんの話に戻るが、アリスちゃんもSeに注意を払っている様子が作中には見られない。これは確かだ。
例えば、アテナさんの密かな気遣い(ケチャップを用意してくれたり、アリスちゃんのために歌を歌ったり)に気付かなかったりしていた(原作「舟謳」より)
なので、アリスちゃんもSeが劣等に来るのではないかという解釈もできなくはない。

ただこれは、Seが第七機能に位置しているからと考えれば説明がつく。
第七機能は「この心理機能の働きを信用もせず、注意を払う価値もないと思い込む傾向があります。」だから、アリスちゃんはSeに注意を払っていない。だから、アテナさんの気遣いに対して鈍かったのだろう。
また、仮にアリスちゃんの劣等機能がSeだとすると、四宮かぐやのように、Se劣等を克服する話が『ARIA』の作中に出てきても良さそうなものだが、そういった話は見られない。
このことから考えても、アリスちゃんはSeをあまり気にかけていないのだと思う。だからSeは第七機能に位置するといえる。
一方で、Fe劣等を克服する話が存在することは前記した。

異常の理由から、アリスちゃんの劣等機能はSeではなく、Feである。
それはつまり、アリスちゃんはINTJではなくINTPである証拠と言えるのではないだろうか。

6
Posted by 名無し(ID:AamAdLo8tA) 2021年08月16日(月) 01:41:18 返信

君は実際のintjを見たことないよね。
そして機能の適用が変だよ。
そしてアリスちゃんが怒ったことも時々あった。

intpはintjよりもSEがないよ。8機能。
SEが運動神経?私が知っているINTJは腕立て100回は軽くする。

アリシアに質問することは
視線NIで
TEの確認だよ。

私が見るには君がINTPよに見える。

お前は機能とMBTIの機能を自分で分析するより
このサイトにINTJ-INTPの違いがあるから
それを見たほうがいいと思うよ

0
Posted by 名無し(ID:0q3g9laBww) 2021年08月07日(土) 08:27:38 返信数(1) 返信

あっ、Seについての指摘は確かにそうだ。
Seは外部の情報や変化を知覚する機能だから、運動神経は関係なかった。申し訳なかったです。どちらかと言うと、状況変化に対する臨機応変さに関わってくると言った方がいいかも。

う〜ん、やっぱりアリスちゃんはINTJか。なんとなく違和感があったから抵抗してみたけれど、INTJの方がつじつまが合うか。

ご指摘ありがとうございます。

0
Posted by 名無し(ID:azGGB82M4Q) 2021年08月07日(土) 09:13:51

アリスちゃんはやはりINTP。

アリシアさんが怒ったところを見たことない。という朱里の話を聞いた時、藍華が「だってアリシアさんですもの!」で終わらせた一方で、アリスちゃんは懐疑的で、理由を知るために行動したりアリシアに質問したりしていたこと(原作「課外授業」より)
(他人の意見に対して懐疑的、情報を独自に整理・分析・検討(Ti))

INTJだとした場合、主機能はNiだが、Niは「全体観から理論・法則の把握、長期的視点を持つ」機能なので、「現在の物事は後々こうなるのではないか」とか「将来的にこういう目標を達成したい」という思考をする。
つまりINTJは未来志向ということ。

アリスちゃんの場合は、未来志向ではなく、懐疑的思考の方が強い。

したがって主機能はTiである。

⊆駝が散歩。その理由として「いろんな小道があって楽しいから」と言ったこと(原作「街の宝物」より)。
(好奇心の追求(Ne))

INTJの場合、第二機能がTeなので、本や論文を読んだり、偉い人の話を拝聴するといった趣味になると思う(Teは客観的な理論や法則を元に判断する機能なので、そういった理論を入手できる読書が趣味になり易いのだと考える)。
散歩でそういった理論を得られるとは考え難いので、TeよりもNeが強い証拠だろう。

「私はただゴンドラを漕ぎたいだけなのに」という言葉(原作「春一番」より)
水無灯里がアテナさんの歌を素敵だと評価したときに「ウンディーネは船を漕ぐ技術の方が方が大事だと思います」と言った事(原作「舟謳」より)
(五感を通じた自身の馴染みの拘り(Si))

INTJの場合第三機能は Fiだから、好き嫌いで物事を判断しそうなものだが、アリスちゃんは好き嫌いというよりも、馴染み深いものに集中したいというニュアンスがあるように思える。
以上のことからSiの所有者。

朱里や藍華と初めて出会った時に生意気な言動をしたり(原作「春一番」より)同僚となかなか打ち解けられなくてアテナさんに心配されていたり(原作「鏡」より)、他人との接し方が不器用。(人々との繋がりを深めたり、価値観を分かち合うことが苦手)(Fe)

INTJの劣等機能はSeなので、身体能力が低い傾向にあるが、アリスちゃんはオールさばきが上手という描写が多いので、身体能力が低いとは思えない。

アリスちゃんはSe劣等よりも、Fe劣等特有の人間関係の不器用さが強調されている描写が多いため、Fe劣等の所有者と考える。

以上のことから、アリスちゃんはINTP。

3
Posted by 名無し(ID:AamAdLo8tA) 2021年08月07日(土) 00:59:59 返信

Thank you :D
ありがとう

1
Posted by 名無し(ID:lCV3eh+KMg) 2021年08月03日(火) 22:05:39 返信

上に関する補足。
There was running away from Athena, astonished,
as soon as she looked a knife.
not INTP Ti. Se.
INTJ IS THE ONE 一本気(Alice' specialty is rowing), stubborn. Alice has 根性.

INTP IS THE ONE 多様性, not stubborn, not 根性.

0
Posted by 名無し(ID:lCV3eh+KMg) 2021年08月03日(火) 22:04:18 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます

閉じる
自己啓発や人生相談、個人診断に関するコメントについて
当wikiの趣旨から離れているためご遠慮下さい
下記の掲示板や5chの自己啓発板等でお願いします
https://seesaawiki.jp/character-seikaku-memo/bbs/38532/l50