アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

J(判断的態度)かP(知覚的態度)かは、外界への接し方の違いを表しています。

PとJは、自分の外の世界に対して、情報を得る(ものを見る)ために使う機能と、判断するために使う機能のどちらがよく使われるかを表すものです。

たとえば、「ENTP」の人は、情報収集についてはN(直観型)であり、判断のしかたについてはT(思考型)です。
また、P(知覚的態度)であるため、論理的に判断をするよりも直観を使って情報を得ることを重視するということになります。
一方、内省する時は、論理的に判断する機能がよく用いられます。

J(判断的態度)を志向する人は、外界の物事について決着を付けたい(判断したい)という衝動を持っています。
そのため、計画的に余裕をもって仕事などを進めることに満足します。
そして、ものごとを曖昧なまま放置したり、土壇場で計画を変更することに抵抗を感じます。

一方、P(知覚的態度)を志向する人は、外界の新しい情報をできるだけ取り入れたいという衝動を持っています。
また、計画は出来るだけたてず、ものごとの流れに対して柔軟でありたいと考えています。
「今手持ちの情報で判断してしまうと、後で状況が変わったときに対応できないのではないか?」と考えるからです。

以下、JかPかを見分けるための項目をいくつか挙げてみましたので参考にしてください。
引用元:MBTI日本版標準化の試み, 加茂ら
http://ci.nii.ac.jp/naid/11001878732
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008124605

指標によるタイプ診断
J(判断的態度)P(知覚的態度)
完全予約制や予約優先制が好き予約不要や当日予約可が好き
慣れてることこそ、できるだけ計画が先にあるのが好き慣れてることなら、仕事を始めながら必要に応じて動いていくのが好き
待ち合わせ時間は早めに知りたい待ち合わせ時間の決定は直前で良い
慣れてることこそ、仕事をするときなすべき事や順序をなるべく先に頭に入れておく方が向いてる慣れてることなら、あれこれ先に細かくは考えずとりかかりながら適宜微調整していく方が向いてる
するべき仕事はあらかじめ決まっていると助かるする仕事がその都度変わるのは結構楽しい
事前に計画を立てて対応その場その場で柔軟に対応
秩序を好み変化を好まない変化の連続を好む
ルーチン化し段取りを組むことを好む予期せぬ事態を楽しむ
不慣れなことなら、今あるルールに不備等ないか細かく確認しながら適宜微調整して、今後のためにきちんとルール化していきたい。慣れたらルール通りやりたい。不慣れなことなら、なすべき事や順序が先に一通り分かってる方が気楽。慣れたら自分なりにアレンジしたい。
白黒はっきりつけること自体が目的白黒はっきりつけた後の身の振り方を考えることが目的
慣れた仕事は締め切りの前から計画的にやる慣れた仕事は締め切りが差し迫ってから一気にやる
ぎりぎりになるのは不快ぎりぎりにならないとやる気がでない
好んだやり方を変えるのは好きでない決まったやり方に固執するのは好きでない
慣れた仕事の急な部分的な変更は苦手。あちこち影響しないか心配。慣れた仕事なら急な部分的な変更にも即対応。あちこち影響したらしたで、その時にそこも変更したら良いだけ。
課題を整理し計画がうまくいくよう対応するどう転んでもいいように対応する
計画変更は他の予定や都合にまで影響するところが嫌い計画変更はどう変更すれば良いか分からない時だけ戸惑う
結論を出すことや決着をつけることを好む結論に変更の余地があることを好む
メモは漏れがないように取るメモは分からなかったところだけ取る
知ってることも念のため再確認したい知らないことだけ確認しておきたい
(全体的に)行動のリズムに乱れを極力出したくない(全体的に)行動のリズムに多少の乱れは付き物だと思う
後輩を干渉しがち後輩を放任しがち
旅行で急に自由時間が増えると困る旅行で急に自由時間が減ると困る
「本人の自由」が口癖の人が苦手「常識でしょ」が口癖の人が苦手
気になりつつ未開始のものが多い気になりつつ未完了のものが多い
システマチックカジュアル
計画暫定
事前着手追い込み
計画完遂臨機応変
秩序創発
決断気分
永久変化
左脳的右脳的
タグ

このページへのコメント

SP型は個人技能の追及を好む。
試行錯誤を繰り返して「たまたまうまくいった」を結果オーライとして受け入れる。
そこで得た知識は個人技能の熟練にとどまり、知識やノウハウの集積の体系化は行わないため、
「常に出たとこ勝負」かつ「自分ができればそれでいい」となる。

言語を用いたフィードバック分析や状況再現はせず、知識やノウハウの集積も行わないが、
SP型本人の五感や感覚の鋭さによる要領の良さやセンス、個人技能としての経験値で補える。
教育による標準化は視野に入れていないため、時間やコストの無駄が少なくフットワークが軽い。
ただしその熟練はあくまでその人個人に留まるため、その人間以外で再現することはできないし、
本人をもってして過去の状況再現ができるとは限らない。


NJ型は標準化による状況再現を好む。
「たまたまうまくいった」を良しとせず、原因をフィードバック分析を行う。
知識やノウハウを言語化することで、集合知として集積および体系化することで
「一度できたやり方を再現できるように」「誰でも再現できるように」したがるところがある。

言語を用いたフィードバック分析や状況再現には時間やコストがかかるのでフットワークは重い。
組織しての集合知や教育による標準化は視野に入れているため、時間やコストの無駄が大きく、
加えてNJ型本人の五感や要領、センスが優れているとは言い難いため猶更時間がかかる。
それを経験していない本人以外の人間にも知識やノウハウという形で習得させることができる。
一度できたやり方を再現することができ、類似事例への応用が利くようになる。


どちらも一長一短なところがあるが、言語化しにくい部分・するべきではない分野もあるし、
積極的に集合知を集積してノウハウの構築・標準化を進めていくべき分野もある。
状況再現や標準化が馴染む分野・馴染まない分野がある以上、人は本当に適材適所だと思う。

8
Posted by 名無し 2021年06月20日(日) 21:44:16 返信数(5) 返信

SPで問題解決は一人でやりがちだけど、問題の再現性もチェックするし、解決情報については誰かの助けになるならとまとめて共有するよ
専門については資料にまとめるのも作業として楽しい
教えられることなら言語化は下手でも文書化したりメモに残す
教えるときは一緒にやりながらちょっとずつ階段を登るようにやる感覚
ただ何でも分からなければ自分で調べて解決することが多かったから、教えてもらうことが少なくてうまい教え方がわからないというのはあるかもしれない

2
Posted by 名無し 2021年06月20日(日) 22:14:24

ドラクエ的ファンタジー世界の勇者と魔王、コードギアスのスザクとルルーシュみたいな感じか

個人技が戦略を凌駕する場面は実際でも結構あるよな
小さい町工場の職人が大企業でも作れない精度のバルブを作るみたいな

2
Posted by 名無し 2021年06月20日(日) 22:43:21

Se-Ni軸(五感で得たものを直観によってパターン化)という思考を持つ人のうち、
言語性知能が優勢=NJ型 非言語性知能が優勢=SP型 と言ってみる。

SP型は非言語性知能が優位なため、空間把握能力や身体操作能力が高い。
スポーツや楽器演奏、機械操作や建築技能、料理など技能分野で覚えが早い。
反面言語性知能は劣位なため、自身の技能やノウハウを言葉を用いて伝えたり
文章化して共有することは苦手であるし、そもそも不自由しないため作る必要がない。
また得意とする分野そのものに言語化がなじまないものが多い。

NJ型は非言語性知能が劣位なため、空間把握能力が低く映像や音声などの取りこぼしが多く、
身体操作能力も低いため間合いの把握や技能の習得、咄嗟の判断を苦手としやすい。
反面それを補うための直観機能が発達していて、取りこぼした映像や音声をパターンで補完したり、
不器用さからくる技能分野の上達の遅さを事前知識でカバーしようとする癖がある。
パターンの落とし込みや事前知識のインプットには言葉による読み書きで行うため、
必要に迫られてマニュアルを読んだり、申し送りや手順書を作るため言語性知能が伸びていく。

という傾向があるような気がする。
Si-Ne軸(経験として記憶したものを直観によって派生・展開)はどうなのだろう

3
Posted by 名無し 2021年06月20日(日) 23:24:57

全く似たようなことを自己啓発板で見た(INTPかINFJ?)けど同じ人かな
文書化すると言っている人がいても体験談や事実より持論を押すのはなんとも

4
Posted by 名無し(ID:V4ACCnk5+g) 2021年06月21日(月) 05:27:42

SP 五感を重視(Se)+個人志向(P)= 技能やスキルの向上を重視 職人・芸術家
SJ 経験を重視(Si)+組織志向(J)= 秩序・ルールの遵守を重視 事務職・オペレーター
NP 想像力重視(Ne)+個人志向(P)= 発想や世界観の展開を重視 学者・作家
NJ 見通し重視(Ni)+組織思考(J)= 全体像・予見の把握を重視 改革者・リーダー

薄っすら傾向はありそうにも見える
まあ実際見てみないとわからないけど

2
Posted by 名無し 2021年06月21日(月) 23:20:40

J型って総じて「終わり良ければ全て良し」みたいなところが有る。
P型は終わりが悪くても良い所だけを見る。

3
Posted by 名無し(ID:Kt59JmUQyQ) 2021年05月15日(土) 15:24:44 返信数(1) 返信

その表現は少し語弊がある
正確にはP型は一見良くないところにもメリットを見出すし逆に一見喜ぶべきところにもデメリットを見出す
特にNPのことな

12
Posted by 名無し(ID:UNpdnXoncA) 2021年05月15日(土) 18:11:13

他人にいちいち振り回される他人軸ってJ型なのかね
例えば好きなもののアンチコメントを見たら1週間ぐらい立ち直れないとか
賛同が多くなったらそっちに行って、反対が多くなったら自分も反対するみたいな
とにかく自分の軸がないのはJ型の特徴?

1
Posted by 名無し 2021年04月30日(金) 08:49:58 返信数(2) 返信

J型と言うよりかはFJの特徴じゃないかな?
TJは思いっきり自分軸で動いてるように見えるし

14
Posted by 名無し(ID:OTIvIrhExA) 2021年04月30日(金) 09:20:39

TJはTeで判断して動くから、他人の意見に振り回されているようなら不健全の可能性が高いね

5
Posted by 名無し 2021年04月30日(金) 12:57:15

喧嘩する程仲がいいはJ/P違いの関係そのものなんじゃないかな
悟空(STP)とベジータ(STJ)みたいにね
お互い意識する機能が違うから反発はし合うけどなんだかんだでお互いを理解し合ってるから本気で嫌悪するみたいな関係にもなり難い
普段は衝突しがちだけど時にはお互いにない視点をお互いがアドバイスし合うようなそんな関係

4
Posted by 名無し(ID:m7aD/kedrA) 2021年04月10日(土) 16:38:17 返信

偏見かもしれないが、無気力になってしまい、やりたくても頑張れないフリーズ状態に陥っている人と不健全なTJは仲違いしがちなイメージ。
Teは落ちぶれた人を元通りに立て直すために、効率的な解決法を提案することで愛情表現することがあるが、無気力状態の人はそれに応えることができない。
小さな不満が積もりに積もって、不誠実な人だ、無神経な人だ、と互いをそれぞれ悪く思い、愛想が尽きて別れる末路を送る。
こういうケースは特に不健全な環境にいることを強いられた人にありがちなのでは、と思う。人にもよるけどね

4
Posted by 名無し(ID:0EzGkA4MoQ) 2021年04月03日(土) 03:44:07 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます