2ch 心理学板 キャラクター性格診断スレ のまとめWikiです。 アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出していくスレです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

まとめ

ヒミカ(神楽)INFP
モモスケ(剣士)ESFJ
ロレンソ(学者)ISTJ
ロクロウ(忍び)ISTP
キクカ(姫)ESFP
タクワン(入道)ESTP
ハズキ(巫女)ENFP
ムウ(黒巫女)INTJ
ガモン(大名)ENTJ
メリー・ルー(司祭)ENTP
キリ(くノ一)ISFJ
イサミ(志士)ESFP
シュレン(海の民)INFJ
セツハ(法師)ISFP
ミロク(イタコ)INTP
シャダイ(陰陽師)ESTJ

キリ(くノ一)

診断

タイプ:ISFJ

議論

ISTJかISFJかの比較で迷ったが、「効率的」というよりも「献身的」な人物で、
第一印象とは裏腹に実はお人好しなので、ISFJの方がより妥当だと判断した。

イサミ(志士)

診断

タイプ:ESFP

議論

後先考えないで行動する傾向が顕著なので、主機能はSe。

竹を割ったような性格なのでET型を思わせ、ESTPと考えたくなるが、
行動は、STP的な器用な感じではなく、一直線で単細胞。
つまり、TについてはTi的ではなくTe的。

(なお、Te主機能のETJにしては段取りも大局観も欠いて衝動的
過ぎるので、ETJを候補に入れる必要はないだろう。)

感情についてだが、仲間に対しては、気遣いよりも、心の底から
愛着を持っている感じのほうが強いので、FeでなくFi。

よって、主機能Seと「Fi-Te」ペアということで、(Teも強い)ESFP。

シュレン(海の民)

診断

タイプ:INFJ

議論

 分かりやすいFe気質。しかし、人見知りなうえ、思ったことを胸中に
とどめておきがち。よってIxFJ。

 「故郷の長老の期待に応えたい」よりも「自然環境の更なる悪化を
防ぎたい」のような、世俗レベルより大きなテーマへの関心が高い。
 他方で、普段のシーンでは要領を得ない対処をしがちで、
しっかり者とは言い難い。
 よってINFJ。

 ・・・と、判定するのは易しいようだが、気がかりな点がある。
INFJ(Se劣等)とは思えないくらい身体能力が高いことである。

 とはいえ、少し考察してみた結果、
(考察過程をどう文章に表現しようか。ふぅ・・・。)
INFJの判定を変更する必要はない、という結論に達した。

セツハ(法師)

診断

タイプ:ISFP

議論

 まずE型的な積極性がない。さらに「内省的で辛抱強い」IJ型
よりも「柔軟で威圧感がない」IP型のほうが当てはまる。

 とすると、ITP(主機能Ti)かIFP(主機能Fi)である。セツハは職務中でも
趣味の世界に浸りがちであるが、そのときの様子が「独自の思考を回す」よりも
「心の中で満足する」であるので、主機能はFiのIFP。

 残った候補はISFPとINFPであるが、あまり自分探し的な気質がなく、
また、存在感が薄い、つかみどころがない、といった感じがあるので、
どちらかといえばISFPのほうが妥当だと思える。

ミロク(イタコ)

診断

タイプ:INTP

議論

ミロクがどの心理機能を優先して使用するかという点から考察してみた。

 (ヒミカ(神楽)によると)まず、「気まぐれな行動をしがちである」
で、なおかつ「機会を逃さない」よりも「思い付きで動く」
といった感じなので、心理機能ではNeの優先度が高いと考えられる。

 次に、「千里眼」の異名からNiを想起させるが・・・。
主人公(プレイヤーキャラ)としてヒミカを選んだ場合、彼女にミロクが
「貴女の心情的には受け入れらないだろうが、占いを何回繰り返しても、
これが真実であると告げている」と説くシーンがある。
 ここから、ミロクの「千里眼」とは、「確信的なひらめき」よりも
「独自の思考プロセスを繰り返して到達した深い理解」と解釈するほうが
よさそうだ。それゆえ、NiではなくてTi。

 NeとTiを優先的に使うのはNTP。問題はE型かI型かだが、社交的というより
隠棲的で、「次々と別の可能性へ飛び移る」より「徹底的に思考を繰り返す」
が合うキャラなので、I型のINTPと思われる。

シャダイ(陰陽師)

診断

タイプ:ESTJ

議論

 悪役ながらギャグ的要素もあるシャダイを診断してみた。

(1):一見したところトリックスター的な悪ノリが目に付くので、ENTPと
即断したくなった。しかし、上司への依存心が強すぎる点が
ENTP(Si劣等)ぽくはないので、考え直してみることにした。

(2):まず、行動にためらいがない反面、内省する習慣に乏しそう
なので、E型(外向型)。

(3):次に、認知系(SN系)の心理機能4種(Se、Si、Ne、Ni)のどれを
よく使うのかを考察してみた。
 Si(上司に対する従属性)とNe(悪ノリ傾向)の存在はすぐに
確認できたが、「Niの香り」的なものは感知できなかった。
 Seについては判断が難しいが、少なくともSiとNeのいずれをも凌いで
優先的に使用している感じではない。
 とすると、ペアで考えるなら、[Si-Ne]ペアを[Ni-Se]ペアよりも優先して
運用している、と判断できる。よってSJかNP。

(4):(2)と(3)から、ESJとENPが候補として浮上した。
 ここで再び(1)を思い出して考えると・・・、
   [Si-Ne]ペアの運用法において、Ne側に偏重してはいない、
・・・と言えそうだ。それゆえNe主機能のENPは候補から脱落し、ESJが残った。

(5):残った候補はESFJ(Fe主機能)とESTJ(Te主機能)である。
他人のことを冷淡に認識している、所作があまり相手に好かれなさそう(ゲームプ
レーヤーが第三者的に見る分には面白い)、などの点から、Fe主機能とは考えにくい。
 これに、「徒党を組む」よりも「権力を笠に着る」が似合い、「怒りの沸点
が低い」ことも加味すると、(Neも強い)ESTJと判定するのが妥当である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

どなたでも編集できます