アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

1-3ループについて

全てのタイプは補助機能の使用がうまくいかない場合に補助機能と対立する機能を代替として用いる事で打開を図ります。この機能を代替機能、または第三機能と言います。(当ページでは「代替機能」と呼ばせていただきます。)
ある機能を使い続けると、「補償」という現象が起こり、対立する機能が作動し始めます。
外界と内界を結ぶ正常な情報代謝装置として働く主機能と補助機能のシステムを再構築するために、主機能と代替機能をループさせる事で代替機能と対立する補助機能を作動させようとするものが1-3ループです。(主機能は正常な構えである限りは自然に扱える)
第1・3機能は無意識に使われるため、1-3ループから抜け出すためには意識して第2機能を使わなければならない(第4機能は苦手意識があるため、あまり使われない)

ここで各タイプの1-3ループについての一例を挙げた表を置いておきましょう。
タイプ主機能第3機能1-3ループの特徴の一例
ISTJSiFi習慣的にやっていた事に愛着をもつ
ISFJSiTi習慣的にやっていた事を自分の論理とする
INTJNiFi自分で見出したパターンに愛着をもつ
INFJNiTi自分で見出したパターンを自分の論理とする
ISTPTiNi自分の論理を抽象化する
INTPTiSi自分の論理を循環するかの様に繰り返し考える
ISFPFiNi自分の好きな事を抽象化する
INFPFiSi自分の好きな事を繰り返し行う
ESTJTeNe客観的な論理を扱おうとして自分の発想を持ち出す
ENTJTeSe客観的な論理を扱おうとして論理の一字一句を観察する
ESFJFeNe周囲の人々の意を満たすために自分の発想を持ち出す
ENFJFeSe周囲の人々の意を満たすために人々の感情を一人一人と観察する
ESFPSeTe自分の観察は客観的な論理だとする
ESTPSeFe自分の観察は周囲の人々の意を満たすとする
ENTPNeFe自分の発想は周囲の人々の意を満たすとする
ENFPNeTe自分の発想は客観的な論理だとする

使用する優先順位としては主機能→代替機能→主機能→代替機能→・・・→主機能→補助機能(ループ脱出)というものになります。
この順序を間違えなければ人間の自然な反応をうまく描く事ができるものと考えられます。

劣等グリップについて

全てのタイプは補助機能と第3機能をうまく使えない、主機能ばかりに頼らざるを得ない状況に長期間立たされると主機能と対立する機能である劣等機能が上述の補償現象によって現れてくるというものです。
こちらは不健全な表出となりやすいです。
EJ型EP型IJ型IP型
主機能外向判断機能外向知覚機能内向知覚機能内向判断機能
補助機能内向知覚機能内向判断機能外向判断機能外向知覚機能
第3機能外向知覚機能外向判断機能内向判断機能内向知覚機能
劣等機能内向判断機能内向知覚機能外向知覚機能外向判断機能

このグリップというのは、in the grip of 〜という、「〜に支配されて」とか「〜に捕らわれて」といった意味の英語から来ている言葉だそうです。
タイプ主機能劣等機能劣等グリップによる影響
ESFJFeTi感情判断によってうまく事が進まない時、批判的になる。「そんなものは〜に過ぎない」といった創造的ではない思考
ENFJ
ESTJTeFi公理によって物事が動かない場合、自分の価値観を周囲に構わずゴリ押す
ENTJ
ESFPSeNi現実主義が強まり、理性を介したものを受け入れなくなる。「そうなっとるやろがい!」など。不健全が進行すると妄想にも囚われる。
ESTP
ENFPNeSi飽きっぽい性格が行きすぎて、貧困に苦しむ事になる。身体的な不調が顕著となる。
ENTP
ISFPFiTe自分の感情が公理に(主に規則など)脅かされる様になり、神経衰弱を起こす
INFP
ISTPTiFe自分の思考が伝わらない事に憤慨する。
INTP
ISFJSiNe悪い想像ばかりに圧倒される様になる。強迫神経症など。
ISTJ
INFJNiSe外的な情報と内界にて導き出した可能性との摩擦によって苦しむ
INTJ

参考

・タイプ論10章「タイプの一般的説明」
http://rinnsyou.com/archives/category/0200sinriryo...

このページへのコメント

yXsK1kd+Qwさん、Neを知識にするとどの心理機能で言ってるのか分からなくない?
だから発想にしたんだけど

2
Posted by 名無し(ID:lIWUDCFvWg) 2020年06月08日(月) 18:52:51 返信

ENTPの自分がNe-Feループに陥ってる時を分析すると、Neで仕入れた抽象的な情報を十分に吟味しないまま、周囲のニーズに応えようとして出している感じになるので、後から振り返って論理ガバじゃんとか場当たり的だったなみたいな感じになります。
やっぱり第三機能は第一機能ではなく第四機能とくっつけて使うべきということですかね、それはそれで凄くエネルギー消耗しそうですが。

0
Posted by 名無し(ID:tl3TFepiNA) 2020年06月06日(土) 18:32:39 返信数(1) 返信

拡散的発想(Ne)を制御して結論を導く(Ti)、その結果周囲の同意が得られればいいね(Fe)、ぐらいの塩梅が真理じゃないかと思う。

NeとFeは共に外向機能という点で同じだが、視野の広さ・視点の多彩さに重きを置く性質と、人間関係・人のつながりそれ自体に重きを置く性質によって、噛み合わせが悪くなることの方が多い。
というより同じ外向機能だからこそ、並行して働かそうとしてかえって混乱するという弊害が生じてしまうというのが適当か。
全体観や洞察を求める過程で周囲のコンセンサスというバイアスが掛かると、見えるものも見えなくなるだろう。
だから基本的に、得られた情報は独自の価値基準(Ti・Fi)に従って追求・選別していくことになる。
それがENTPの場合はTiになるわけだが。
そしてこのTiによってもたらされる結論は大抵Feのそれと相反することが多い。
従って、現実には冒頭のような結末を辿ってしまう、というか辿らざるを得ないというのが妥当だろう(即ち真理であろうと)。
つまり、第三機能の欲求を満たせるか否かは、当人の才能や運次第というのが持論。
まあ身も蓋もないけどね。

2
Posted by ENTP 2020年06月06日(土) 23:27:35

メニューバーに追加しておきました

10
Posted by 名無し(ID:IOXFl9m2qQ) 2019年08月02日(金) 09:41:32 返信

ENFJのストレス反応


自分が正しいと信じていることに従って、もしくは、自分にとって都合の良いように、他者を操作しようとします。


MBTI性格タイプ論の視点から世界を覗こうってサイトに載ってました。これがTiのグリップなんじゃないですかね

9
Posted by 名無し(ID:Tn6RKwWupw) 2019年08月02日(金) 02:30:57 返信数(1) 返信

なるほど。
ESFJのストレス時とか考えるとTiグリップについて結構迫れそうですね。追加するために探してみます。
報告ありがとうございます。

6
Posted by 名無し(ID:X4yofuicxQ) 2019年08月02日(金) 02:49:25

これありがたい

21
Posted by 名無し 2019年08月02日(金) 01:27:20 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます