アニメや漫画、小説などの登場人物の性格について台詞や行動をもとに性格診断し、予想を書き出してまとめるwikiです。キャラクターの性格と人間関係を考察したり、創作論に役立てることを目的としています。

S(感覚)かN(直観)は、ものの見方の違いを表しています。

感覚的な人は、実際に経験し、五感で感じて具体的な事実をありのままに捉えることを好みます。
過去の経験を重視して、目の前の現実に対して取り組みます。
感覚志向の人は周囲から、着実で規則正しく、細やかな人であると思われることが多いです。

一方、直観的な人は、比喩的な表現をしたり、物事を大きな視点から関連づけて捉えること、アイデアや可能性を追いかけることを好みます。
その視線は未来を向いており、自分のひらめきを信じて、既存のやり方と違う独自の方法で問題を解決しようとします。
直観志向の人は周囲から、想像力が豊かで、型にはまらず、考え方が新鮮であるように思われることが多いです。

以下、いくつかSかNかを見分けるための項目を挙げてみましたので参考にしてください。
引用元:MBTI日本版標準化の試み, 加茂ら
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001878732
http://ci.nii.ac.jp/naid/110008124605

マンガで分かるタイプ診断
指標によるタイプ診断
S(感覚)N(直観)
多数派(約70%強)少数派(約30%弱)
実際に経験し、五感で感じて具体的な事実をありのままに捉えることを好む。比喩的な表現をしたり、物事を大きな視点から関連づけて捉えること、アイデアや可能性を追いかけることを好む。
過去の経験を重視して、目の前の現実に対して取り組む。その視線は未来を向いており、自分のひらめきを信じて、既存のやり方と違う独自の方法で問題を解決しようとする。
周囲から、着実で規則正しく、細やかな人であると思われることが多い。周囲から、想像力が豊かで、型にはまらず、考え方が新鮮であるように思われることが多い
正確な事実、具体的なものに目が行く比喩的、全体的に考える
事実に即し常識的に動く独創性、斬新的な発想をしがち
結果を重んじ実務的理論を重んじ学術的
自分の経験を信頼する裏に理論や関連性を見いだし仮説を立てる
慣習や確立した手法を重視慣習にとらわれず独自の方法をとる
注意力、観察力に優れ、感覚を研ぎ澄ませる集中力、想像力に優れ、感覚を遮断する
音・光・匂いなどの刺激にすぐ反応する物思いに耽って気付かないことがある
現状を観察する背景を洞察する
詳細を注目する大局を俯瞰する
木を見て森を見ず森を見て木を見ず
部分から全体に意識が向かう全体から部分へ意識が向かう
まずは事実や具体例から入るいきなり理論やイメージから入る
実際に今起きていることに着目する物事の意味や可能性に着目する
具体的・個別的事例に学ぶ抽象的・観念的概念に学ぶ
ものごとを観察したり、記憶する事実の背景にあるパターンや意味をとらえる
先のことより今に目が向きやすい今より先のことに眼が向きやすい
行動様式や趣味嗜好が比較的わかりやすい行動様式や趣味嗜好が多様かつ複雑
方法論やテクニックを重視本質的理解を重視
時系列から考える(順算•逆算型)時系列からは考えない(順不同型)
まずやり方からのが分かりやすいまず意図からのが分かりやすい
うまくやるには、できるだけ今までのやり方に従うのが良いうまくやるために、いきなり新しいやり方に手を出す
五感や反射神経のが強い閃きや好奇心のが強い
生物的な強さ人間としての可能性
ミクロ視点マクロ視点
マルチタスクマルチスキル
1つを重点的に鍛えるがそれ以外は疎か均等に鍛えるが1つ1つで劣る
得意分野やスキルはひとつに絞る得意分野やスキルは絞らない
熟練した職人技で仕事を行う仕組みやシステムで全体を合理化する
五感第六感
具象抽象
現実想像
実践概念
体験理論
伝統オリジナル
現実主義理想主義
実務的学究的
実際的空想的
直感的直観的
刺激的魅惑的
記号的象徴的
作製創造
製作企画
建設発明
事実観念

マンガで分かるタイプ診断
指標によるタイプ診断
タグ

このページへのコメント

S機能も突き詰めればまだ発見すらされてない事象を観察したり出来るからその点ではクリエイティブになりうるけどね
N機能はあくまで構築、想像、分類、統合に過ぎないしその材料はS機能によって制限されるから0から1は厳しいかもしれない
S機能を極限にまで突き詰めればほとんどの人が認知できてない世界を観測出来るかもしれないし
ドラゴンボールの孫悟空とかまさにそんな感じじゃない?N機能由来のクリエイティビティではなく観察力や身体能力で結果的に新たな世界を開拓してる

4
Posted by 名無し(ID:487HHh19Bg) 2022年08月07日(日) 13:29:47 返信

想像力といえばNみたいな風潮あるけど日本の創作物見てるとS機能を突き詰めた結果の想像力もある気がする。
西洋みたいに学術的、形式的、体系的ではないけどその分理屈や概念に囚われない自由さがある。
N機能は情報を抽象化(抽象そのものではない)したり整理する機能だから結果的に似たり寄ったりになりがちなところもあるよね。
個別具体例を取り漏らさず複雑なものを複雑なまま描写するのもまた想像。

6
Posted by 名無し(ID:PWrT0ejsWA) 2022年07月20日(水) 14:36:35 返信

S機能に対する耐性が弱いがゆえの感覚過敏もあればS機能が強すぎるが故の感覚過敏もあるのかな。
S機能が強すぎてほとんどの人が感知できないような感覚まで受け止めてしまうから疲れやすい的な。

7
Posted by 名無し(ID:ZxgPyYZ8/A) 2022年07月18日(月) 22:24:29 返信

それと高レベル領域のS機能に対する理解が全然進んでない印象を受ける。
ただ処理能力が異様に早かったり、プロスポーツ選手ばりの反射神経持ってたり、暗算力がすごいくらいの能力しかないと思ってそう。
そのせいか高度なS機能が創造性に結びついてるタイプまでもをN型と判定してしまってるケースが少なくないように見受けられる。
確かに高度なS機能は一見してNによる創造性や概念的思考と区別がつかない面もあるからね。

9
Posted by 名無し(ID:27i0AgFY3Q) 2022年07月16日(土) 14:20:56 返信

SとNは具体と抽象で語られがちだがそれは厳密には正しくない。
Sの本質は情報の感知とそれに対するレスポンスであり、Nの本質は情報の捨象や統合・整理である。
Sの本質は情報の感知であるが感知する情報は具体に限らない、抽象的で得体の知れない何かを感知してしまう場合も考えられるわけだ。
一方でNの演算能力を発揮する対象が具体に向くこともある、ものづくりとか発明はまさにその最たる例だろう。
つまり、直感力が高く独特な世界観を持つS型はN型と勘違いされてしまいやすいということになる。
抽象的な世界を感知できてしまうS型はクリエイターに多い気がする(ここでは例は出さないけど)。
抽象的な世界を感知することとN機能は別物であることに注意(ただしN機能を働かせることによって結果的に抽象的な世界にたどり着くことはある)。

3
Posted by 名無し(ID:9ncQqoNNkw) 2022年07月16日(土) 12:16:07 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

サイト概要

アニメや漫画、小説などありとあらゆる創作における登場人物の性格を、MBTIという性格診断をもとに16タイプに分類します。
Seesaa Wiki関連リンク

性格診断について


診断結果

キャラ一覧(エニアグラム)

どなたでも編集できます

閉じる
自己啓発や人生相談、個人診断に関するコメントについて
当wikiの趣旨から離れているためご遠慮下さい
下記の掲示板や5chの自己啓発板等でお願いします
https://seesaawiki.jp/character-seikaku-memo/bbs/38532/l50